たこやきレインボー

 発行:STARDUST PROMOTION

レポートレポート

たこやきレインボー
イベント「オオサカアイドルフェスティバル2019」開催!

2019.08.25(日)
@大阪・大阪城音楽堂

8月25日(日)大阪・大阪城音楽堂にてイベント「オオサカアイドルフェスティバル2019」が開催された。

2年ぶり、今年で5度目の開催となる「オオサカアイドルフェスティバル」通称“OIF”は、たこ虹が「フェスのトリを務めたい」という思いから、2014年にスタートさせた夏の恒例行事。大阪を代表するアイドルが一堂に会する夏フェスというコンセプトで、たこ虹をはじめ、メンバー扮するさまざまな“大阪のアイドル”が登場するライブイベントである。

オープニングを務めた<SKI49>は、大阪初の世界文化遺産登録が決定した百舌鳥・古市古墳群(49基)の魅力を伝えるために結成された大阪・堺市のアイドルグループ。MCでは好きな古墳を紹介するという徹底ぶり。メンバーの1人であるハニワ課長の好きな古墳は仁徳天皇陵古墳である。『なにわのはにわ(世界遺産決定記念ver.)』とDA PUMPの大ヒット曲を連想させる『S.K.I.』をパフォーマンスし会場を盛り上げた。

「OIF2019」を進行する司会の吉本新喜劇・石田靖とアシスタントの窪田涼子がステージへ登壇し、オオサカアイドルパートに突入。石田、窪田とたこやきレインボーはテレビ大阪の番組「おでかけ発見バラエティ かがくdeムチャミタス!」で共演中という繋がりがあり、リズミカルで絶妙なコンビネーションで虹家族(ファンの総称)を楽しませた。
オオサカアイドルのトップバッターは、この「OIF2019」のために兵庫県たつの市から来日したお騒がせ2人組ユニットの<t.A.T.s.u>。堀くるみにそっくりなTOMOKAと清井咲希にそっくりな姫。手延そうめん「揖保乃糸」を片手に気乗りしない様子で登場したが、『Telephone(Glee Cast)』をクールに歌い上げ虹家族を引き付けた。
続いて登場した<森高千里(もりたかせんり)>は彩木咲良にそっくりな見た目だが、自称・千里セルシーのイメージキャラクターを名乗る、1958年大阪・箕面市生まれの61歳。腕には孫の「ちさと」を抱きお上品にほほ笑む姿に、思わず石田が奇跡の美脚とツッコみを入れるも場面も。『私がオバさんになっても(森高千里)』を披露し会場を魅了した。
ネギの束を抱えて登場した根岸可蓮にそっくりな<ネギシ>はネギを愛しネギに愛されたミュージシャン。幼少期より農家だったご両親の影響でネギに深い興味を持ち、小学校時代からネギで一発当てたいという夢を持つようになり、ネギに耳を傾けネギの声を聞いてから作詞作曲をするという斬新な制作方法で数多くのヒット作を世に排出。最近のお気に入りは下仁田ネギ、という個性派アイドル。『打上花火(DAOKO×米津玄師)』を披露すると緑色のペンライトで埋め尽くされた会場はネギ畑の様に染まった。
4組目に登場したのは、春名真依にそっくりな<堺和泉>。堺はZARDの坂井泉水に憧れて歌手を目指したアイドル。恥ずかしがり屋で、ライブで歌うのは初めてという堺は「自分に負けないようにがんばります」と『負けないで(ZARD)』を披露。すると曲の終盤に突如24時間テレビ風のランナーが登場し、客席を通りステージ上に用意されたゴールテープに向かって走り抜けていく。クライマックスの瞬間には大盛り上がりを見せるも、石田の「あのおっさん誰」のツッコミに会場は一転し大笑いに包まれた。

「OIF」恒例のオリジナルラジオCMを挟み、いよいよ大トリの出番。待ちに待ったたこやきレインボーの登場に割れんばかりの歓声が飛び交う。『ナナイロダンス』『ウエッサイ・ストーリー』『絶唱!なにわで生まれた少女たち(CLUB RAINBOW ver.)』と激しい楽曲で会場を煽っていき、一気に盛り上げていく。急に降り出した雨に堀は「夏の野音ということで皆をびしょ濡れにするつもりだったけど、すでに雨で濡れてる。笑」とコメント。夏らしい楽曲『サマーゴーランド』では浮き輪を持ってのパフォーマンスや、サインボール投げをしたりして全力で楽しむメンバー。盛り上がりと並行するように雨足も強まる中、ウォーターキャノンによる放水も相まって全員がずぶ濡れになっていく。『疾風』では音楽番組「音力~ONCHIKA~」(読売テレビ)でコラボした同志社香里高等学校ダンス部のOGが呼び込まれ圧巻のパフォーマンスを見せつけた。ライブ本編のラストは、たこやきレインボーが“公認セレ女”を務めるサッカークラブ・セレッソ大阪のマスコットキャラクター、マダム・ロビーナがステージに登場し『シャナナ☆』を熱唱。堀が歌詞の一部「僕と君との合言葉」の部分を「虹家族との合言葉」と置き換えて歌うパフォーマンスに会場から喝采が送られた。

アンコールのMCで、「ずっと雨が降ってるライブは初めて」と清井が話すと、春名も「たこやきレインボーは晴れ女が多くて、5人揃ったらだいたい晴れる。今日は暑いから雨を降らせてほしいという願いが届いたのかも。なかなかそういうことがなくて楽しかった」と感想を話した。
そして清井が「いつも“今日が1番最高の景色”だと思う。この景色は虹家族と私たちにしか作れないものだと思っている。ずっと大切にしていきたい。これからも皆で見続けられるように、甲子園という夢に向かって走り続けますので、私たちについてきてください。」と想いを告げ「めっちゃ雨降ってるけど、いま最高に大きな虹が掛けられると思うので、皆で大きな虹を掛けましょう!」と宣言し、『RAINBOW~私は私やねんから~』を虹家族に届けた。ゲスト全員がステージに登場し、大粒の雨に負けることなくラストまで全力で駆け抜けた「オオサカアイドルフェスティバル2019」は賑やかにフィナーレを迎えた。

今後のたこやきレインボーは、10月23日に、前山田健一プロデュースの5thシングル(タイトル未定)をリリースすることが決定し、リリース記念イベントを9月28日(土)札幌からスタートさせる。そして、12月15日には、たこ虹冬のホールワンマン「なにわンダーランド2019」を東京・中野サンプラザホールで開催し、さらに12月31日には、たこやきレインボーpresents「西日本アイドルフェスティバル2019」を大阪・Zepp Nambaで開催することが発表となった。
朗報盛りだくさんのたこやきレインボーの活躍に、ぜひご注目ください。
<敬称略>


【セットリスト】
<オープニングアクト>
・SKI49[たこやきレインボー、同志社香里高校ダンス部OG、ハニワ課長]
M01.なにわのはにわ(short ver.)
M02.S.K.I.

<オオサカアイドル>
・t.A.T.s.u[堀くるみ、清井咲希]
M01.Telephone(Glee Cast)
・森高千里(もりたかせんり)[彩木咲良]
M02.私がオバさんになっても(森高千里)
・ネギシ[根岸可蓮]
M03.打上花火(DAOKO×米津玄師)
・堺和泉[春名真依]
M04.負けないで(ZARD)

<トリ>
・たこやきレインボー
M01.ナナイロダンス
M02.ウエッサイ・ストーリー
M03.絶唱!なにわで生まれた少女たち(CLUB RAINBOW ver.)
M04.サンデーディスカバリー
M05. Whoop It Up!
M06.たこ虹物語~オーバー・ザ・関ヶ原~
M07.サマーゴーランド
M08.踊れ!青春カルナバル
M09.まねー!!マネー!?Money!!
M10.めっちゃPUNK
M11.疾風
M12.ほなまたね サマー
M13.シャナナ☆
-アンコール-
EN01.たのしかしまし大阪~おいでやす~
EN02.SuperSpark
EN03.RAINBOW~私は私やねんから~


★ライブ情報!
♪たこ虹冬のホールワンマン「なにわンダーランド2019」
【日程】12月15日(日)開場16:30/開演17:30
【会場】東京・中野サンプラザホール
【チケット】指定席 6,000円(税込)/2階前方着席指定席 6,000円(税込)
◎詳細:http://www.tacoyaki-rainbow.jp/schedule/index.html#191215

♪たこやきレインボーpresents「西日本アイドルフェスティバル2019」
【日程】12月31日(火)
【会場】大阪・Zepp Namba
◎詳細:http://www.tacoyaki-rainbow.jp/schedule/index.html#191231


★前山田健一プロデュース5thシングル「タイトル未定」
2019年10月23日発売決定!
<5thシングルリリース記念イベント>
9月28日(土)札幌
10月5日(土)東京
10月6日(日)東京
10月12日(土)大阪
10月13日(日)関西地区
10月14日(月祝)福岡



page toppage top